Red Bass

ガジェット(特にApple)が好きな現役高校生。

MENU

【2020年】今年のAppleに期待している4つのこと

f:id:GadgetBlog:20200101150734j:image

 あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

2019年は3月にAirPods2世代目が発売され、私は高校デビューと共にAirPodsデビューをはたした。

そして、6月にはWWDCMac ProというApple史上間違いなく一番スペックの高いパソコンと共に、画質も値段もえげつない Pro Display XDRが発表された。

9月には例年どうり新型iPhone、iPhone11  Proと常時点灯ディスプレイ搭載のApple Watch series 5が発表。

少し後にはカナル型となりアクティブノイズキャンセル、外部音声取り込み機能付きのAirPods Proが発売され、現在Apple Store(アプリ)で買おうとした際には5週間後に届くと表示されるほど人気の商品に。

2019でもAppleはたくさんの感動、喜び、そして何より生活の豊かさを私たちに提供してくれた。

 

2020年ではどんなことをしてくれるのだろうか。

そこで私は2020年にAppleに期待していることが4つある 

iPhoneの全体的な値下げ

 

f:id:GadgetBlog:20200101152259j:image

 

これは誰もが思っていることだと思う。

最近はiPhoneXRや8が値下げされた状態で公式サイトで販売されている。

たしかに発売当初に比べると格安であることに違いはない。

しかし他のAndroid端末に比べると(様々な機種があるが)iPhoneは値段が高い。

iPhone11 Pro MaxなんてもはやMacBook Airが買えるほどの値段になっている。

 今年、もしくは来年出ると噂されているiPhoneSE2(仮)はiPhone8の形を受け継ぎながら最新スペックのチップを入れていると考えられている。

もしその端末が現在のiPhone8と同等の値段で買えるとなればそれはもうバカ売れになるだろう。


Apple MacBook Air Retina ディスプレイ 1600 13.3 SSD 128GB スペースグレイ MRE82J/A 13.3型 Core i5 8GB Touch ID ノートパソコン 本体 アップル

Apple Watchのバッテリー改善 

私がApple Watchを買わない一番の理由はこれだ。

Appleによると駆動時間は18時間となっている。

そうすると寝るとき、もしくはお風呂に入っているときにApple Watchをつけることができない。 

常につけていることでiPhoneの通知などを素早くチェックできるという利点が一時的に使えなくなってしまうほか、充電をし忘れたときには電車に乗ることもできないし、全ての機能が使えなくなってしまう。

腕時計なのに使えなくなる心配があるというのはありえてはいけないと個人的には思う。

せめて3日、本当の願いを言えば1週間以上バッテリーが持って欲しいと思う。

iPhoneのバッテリー持ちを伸ばしたApple様ならできる(T ^ T)

ぜひ頑張って欲しい(>_<)

 

 

MacBook Airのスペック向上

 私はブログ用兼、プログラミング用にMacBook Airを買おうと思っているので 

CPUが4コアになるなどして、スペックアップを実現させてほしい。

 現在は1.6GHzのデュアルコアとなっているためベンチマークのシングルスコアはMacBook Pro13インチ(下位モデル)とあまり変わらないが、マルチコアはMacBook Pro13インチに3倍もの差がついている。

同等とまでは望まないが、マルチスコアを今の1.5倍ほどまでは出せるように改善してほしい。

 

 

Apple pencilの値下げ 

現在私はこのブログの執筆をiPadで行なっているのだが、Apple pencilを買えないでいる。

 理由は高いからだ。 

店で書き心地を試してみたのだがさすがApple、すごく書きやすかった。 

メモなどをこれからApple pencilで書いていこうと考えているのだが値段が高く手が出せないでいる。

せめてあと3000円安ければ買おうと思えるのだが高校生にはなかなか買えるものではない。

  

まとめ

2020年、私がAppleに求めていることは

 

Appleさん、よろしくお願いします(T ^ T)