Red Bass

ガジェット(特にApple)が好きな現役高校生。

MENU

AnkerのPowerCore10000が軽くて大容量で使いやすい!!

f:id:GadgetBlog:20200111222555j:image

現在、私が使用しているもバイエルバッテリーは今日紹介するAnkerの「PowerCore10000」だ。

 

とても小さく、軽いためすごく重宝している。

 

サイズがカード並みにコンパクト

f:id:GadgetBlog:20200112215626j:image

(左がiPhoneXR、右がAirPods

カードと比較することは個人情報の関係上不可能だったが、サイズ感としてはクレジットカードよりひとまわり大きいと考えてもらっていい。

 

このコンパクトさのおかげで前まで使っていたモバイルバッテリーよりも場所を取らないためよりミニバックのスペースが空いた。

Ankerが謳っているように世界最小クラスであることは間違いない。

USBタイプAが1ポートしかないが…

f:id:GadgetBlog:20200112220342j:image

上の写真のようにこの「PowerCore10000」はUSBタイプAポートがひとつしか無い。

私も前まではUSBタイプAポートが3つあるモバイルバッテリーを使用していた。

だが普段使うのは1ポートだけだし、最高でも2ポート、3ポート使うなんてことはありえなかった。

 そのため今回は世界最小クラスでありながら、10000mAhという大容量を実現したAnkerの「PowerCore10000」に買い替えたのだが完全に正解だった。

 

Anker独自のIQ充電で高速チャージ

Anker独自のIQという技術で接続した機器を判断し、過充電などを防ぎながら高速充電してくれるという優れものなのだ。

実際にこのモバイルバッテリーは充電が速いと感じる。

 

まとめ

今までモバイルバッテリーの容量と重量が無駄に大きかったので、「 PowerCore10000」に買い替えて大正解だった。

私のようにiPhoneAirPods、たまにiPadを充電するという方にはめちゃくちゃおすすめだ。